« SIGMA Z PANTEL 135mm F2.8 ジャンクレンズ分解修理 | トップページ | RMC Tokina 300mm F5.6 ジャンクレンズ分解修理 »

2020年3月15日 (日)

OLYMPUS ZUIKO MC AUTO-S 50mm F1.4 ジャンクレンズ分解修理

ジャンクで500円。 

 

絞り羽根を挟んだ2枚のレンズ面が白っぽく汚れてます。

 

早速分解ですね。

 

Inkeddscf5035_li

銘板にゴム製オープナーを当てて回します。

フィルター枠と一緒に外れます。

この時絞り環の赤丸で囲った小さな鉄球に注意です。

鉄球、絞り環の位置を記録してから取り外します。

Inkeddscf5034_li

前玉を外し、前群レンズユニットを取り外します。

Inkeddscf5032_li

前玉以降はスリーブとそれぞれのレンズを取り外してゆきます。

Inkeddscf5030_li

分解後、各レンズ面を清掃して組み上げます。

Inkeddscf5029_li

OM ZUIKOレンズは緩み防止接着剤が強力で分解しにくい個体が多いですが、

このレンズはすんなり分解することができました。

« SIGMA Z PANTEL 135mm F2.8 ジャンクレンズ分解修理 | トップページ | RMC Tokina 300mm F5.6 ジャンクレンズ分解修理 »

ジャンクカメラ、ジャンクレンズ」カテゴリの記事

ジャンクカメラ、レンズ分解修理編」カテゴリの記事

コメント

売り❓????

売らなーい(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SIGMA Z PANTEL 135mm F2.8 ジャンクレンズ分解修理 | トップページ | RMC Tokina 300mm F5.6 ジャンクレンズ分解修理 »